ラバーカップを使った水詰まりを解消!

修理隊

ラバーカップを使って詰まりを解消させる

トイレの排水が詰まったときにどうすれば解消することあできるか考えてみましょう。
詰まりの原因がなにかをまず考えます。そして、トイレを使ったあとの排水経路の仕組みがわかっていれば詰まった時に対処しやすくなるのと原因がわかればトイレ詰まりを予防することもできてきます。便器・トイレが使えなくなる前にトイレを詰まらせないようにご使用することも普段使っている水道設備ですからトイレが詰まる要因を掲載しておきます。
普通に使っていて便器で詰まりを起こすことがほぼないに等しいと考えられますがトイレットペーパーを丸めて大量に流してしまったりすると排水経路がふさがってしまって詰まりが起きてしまいます。
排水経路が詰まるのがよほどがない限り排水した後に起きます。トイレタンクの内側にペットボトルなどを入れて節水していて排水量が弱くなり排水管内で排泄物が流れていかない。
決定的な異なる点があるとしたら、トイレットペーパーは溶けるのに対してティッシュペーパー(水溶性のトイレットペーパー以外も含む)は水に溶けません。現在では水に溶けるティッシュペーパーもありますが排水経路の曲がり角や勾配不良になっている場所で蓄積し詰まってトイレ詰まりが起きる原因となります。悪化してくると排水管内部で硬化してして排水管に付着しますので宅内から水が流れにくくなる原因になりますので注意が必要となります。

詰まってしまったときに使うのが、「ラバーカップ」というアイテムです。
ラバーカップを使う前に気を付ける点としては、詰まりの原因が小物などを排水管に落としてしまった場合でしたら、ラバーカップを使った時に固形物が排水経路の奥に追いやることになり得策ではありません。排水経理のトラップを超えてしまうことで大事な修理となってしまうので注意が必要です。
ラバーカップを使用する場合はあくまでトイレットペーパーや排泄物などが原因で詰まってしまってた場合にしておきましょう。
また、実際にラバーカップを使うにあたって、水が床や壁に跳ねて他の部分を汚したり壊したりしないためにもいいようにビニールや雑巾、新聞紙などを床や壁を養生します。ゴミ袋にポールが通るぐらいの穴を開けてその穴からポールを通しておきます。ゴミ袋が便座を覆いかぶさるようにすることで、水が跳ねてもビニールに掛かるぐらいで飛び散ることを防ぐことが出来ます。

ラバーカップを使う時には、最低限の水量が必要になります。特に節水型便器に多いのが水量が足りずにゴム部分から空気が出てしまい圧力がうまく加わらないということがあります。
理想としてはラバーカップのゴムの部分が水に浸るような水量を増やしてから作業を開始となります。水量が足りない場合にはバケツなどで水量を増やしてください。
(注意)あまり増やしすぎると、圧力を掛ける為に押したり引いたりする時に水が溢れてしまいますのでご注意ください。


使い方は、勢い良く吸引するのではなく小刻みに3~5回動かした後に大きく動かすようにすれば効果的にトイレ詰まりが解決することもできます。

川崎市内紹介
川崎市 中原区 宮前区
高津区 川崎区 多摩区 麻生区 幸区

当社では、電話無料相談を実施しております。水まわりでお困り事が御座いましたらご気軽にお問い合わせください。
神奈川県で「詰まり」「水の漏れ」などの解決に迅速に務めさせていただきます。

電話相談

修理依頼からの流れについて
電話総合サポート
  大阪市の水道業者
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.