排水経路には汚れや残存物が付着する

修理隊

暖かくなってくると多くなる悪臭について

排水をする上で排水管とのつなぎ目にほとんどトラップと呼ばれる水が溜まっている箇所があります。

参考資料

その溜まっている水(封水)が下水道からの臭気や害虫の侵入を防いでいる役目をしています。
トラップには、排水が常に溜まっているので内部にヌメリが溜まって臭いが発生している箇所が存在します。
キッチンの場合には、お椀をひっくり返した形の「ワントラップ」が排水口に装備されています。
ワントラップは流れが緩くなるため汚れが溜まりやすいので排水口のトラップの部分を外して清掃して下さい。

現在のシステムキッチンは、パイプが曲がった形の「Sトラップ」が採用されているケースが多々あります。
トラップより上流側の排水管や網に生ゴミなどが残っていると悪臭が発生する原因となります。
洗面所には、Sトラップが付いていて分解したり、U字管下部に清掃口があるタイプですとキャップを外して掃除したりパイプ洗浄剤などで洗浄すると改善するケースがあります。
トラップ洗浄で悪臭が改善されるのは、トラップから室内側(上流側)だけです。もっと強い臭いの場合には、その先(下流側)の可能性が極めて高くなります。トラップの封水がなんからの原因で無くなっているか機能していない可能性もあります。簡易的な場合には、トラップが外れている場合やゴミや髪の毛などによって水が無くなってしまっているケースもあります。2重トラップの場合も流れ方によって、封水が破られる場合があるようです。排水口のヌメリなどが原因の場合はいつもの臭いが強くなった感じですが、下水道の臭気があがってきている場合には臭いの感じ方が異なります。

※水道水を15分前後流し続けることによって、悪臭が改善されるケースがありますのでお試しください。


排水口から悪臭がしてくるトラブルは、排水管内で生ゴミなどが腐って臭いの発生源となっていることが少なくありません。こんな時には、市販されているパイプ洗浄剤だけでは解消することができないこともあります。その場合には、水道水を約30分程度勢いよく流し続けることによって排水配管内を洗浄する効果があり悪臭を解消することもできる場合があります。それでも解消しない場合には、排水配管の高圧洗浄をしないと悪臭を解消しないケースがあります。その場合には、専門業者に排水配管の高圧洗浄作業をご依頼ください。


排水口から悪臭がする原因
●汚れが溜まっている
食べ物のカス、髪の毛や皮脂、石鹸カス。衣類の繊維やホコリ、残留した洗剤などが排水口などに付着したりたまったりして、こういった汚れが臭いが原因となっておる。
●排水ホースの破損、隙間が空いている
排水口には、排水トラップという排水設備器具が設置されています。しかし、下水の臭いが気になる時には、排水トラップの不備が考えられます。またはホースの破損や隙間から漏れてくる場合もあります。簡易点検する際には、排水トラップがしっかりと取り付けられているか排水管まわりに隙間がないかを確かめて見ましょう。
●封水が入っていない
排水トラップには「封水」という構造で仕組みとなっています。水を貯めておくことによって水が密閉する役割をはたし排水管からの臭いや害虫の侵入を防いでいます。正常であれば、常に水がたまっているのですが長期空室だったり破損していれば封水が蒸発したり漏れている可能性が考えられます。


川崎市内紹介
川崎市 中原区 宮前区
高津区 川崎区 多摩区 麻生区 幸区


修理依頼からの流れについて
電話総合サポート
新潟市のトイレの修理業者
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.