こんな状態は危険信号である

修理隊

詰まる前の前兆を見逃さない

トイレが詰まる前に前兆がよくあります。わかりやすいのはレバーを引いたときの水の流れ方や排水音が普段と違うな!と感じる時です。
例えば、便器の水位が高くなるなど、水を流したあとに普段通りの水位で便器内に水が溜まります。もしもこのときに普段の位置より高い場所まで水が上がっていたら要注意です。ほとんどのケースで詰まりかけているので様子を観察してみましょう。水位が下がらなければ完全に詰まっている状態となります。早急な対応をしなければ便器から排水が溢れてしまうこともあります。
例えば、いつもより時間がかかったけど元の水位に戻ったというケースでも、あまり良くない状態となります。排水経路のどこかで詰まりかけが発生していて、水の流れを悪くしていることが大多数です。
トイレタンクから出る水が少ない時には、トイレタンク内部で何らかの異常が起きていると洗浄水が勢いよく流れてこないケースがあります。水勢が弱いと便器のトイレットペーパーや排泄物が完全に流れなくなり排水経路内で残存してしまって詰まりを起こしてしまいます。
この状況ですとトイレタンクの内部の水が少ない可能性があります。トイレタンク内にはボールタップやフロート弁といった水位を調整する部品があるのですが、この部品が正常に機能していなかったり経年劣化で正常な働きができない状況ですと的確な水位まで水を溜められません。正常な位置に戻したり部品交換をすることが望ましく早めの対処が必要になってきます。
水を流したあとの異音ですが、水を流したあとに「ゴボゴボ」と音が聞こえたら詰まりかけかもしれません。排水経路内に停滞している異物が排水するための通路を狭めてしまって排水流れなくなり圧力をかけています。狭まった部分から排泄物やトイレットペーパーが流れて行った後に急激に圧力が変わり異音が響くことになります。
半分詰まっているケースが多く放置しておくと排水が流れなくなり詰まりが発生してしまうメカニズムともなってしまう可能性があります。

基本情報

川崎市内紹介
川崎市 中原区 宮前区
高津区 川崎区 多摩区 麻生区 幸区

神奈川県で水まわりのお困り事がありましたらご遠慮なくご質問ください。できるだけお応え致します。また、電話無料相談も実施中!


電話相談

修理依頼からの流れについて

電話総合サポート
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.