トイレペーパーも可燃ゴミとして取り扱うと節約につながる

修理隊

トイレの排水が詰まる要因や対策について

生理現象でトイレを使わないわけにはいかなく日常生活で必然的にトイレが必要となってきます。水回りの中でも特に生活の一部に組み込まれていろ箇所でもあります。そんな便器が詰まってしまうと、排泄物が流せないので大変な事態になってしまいます。
そんな便器の詰まりが起きてします原因と解消へのヒントをご紹介しておきます。

湘南地域
藤沢市 平塚市 厚木市 伊勢原市 小田原市
無料相談
県央地域 相模原市
海老名市 大和市 綾瀬市 座間市 秦野市
緊急の修理
横須賀三浦地域
茅ヶ崎市 鎌倉市 三浦市 逗子市 横須賀市

屋外の排水管が原因となっている
排水桝の中に砂や泥が入り込んでしまって排水管のぬめりやヘドロに絡まって、大きな塊になって水をせき止める仕組みになってしまうことがあります。この症状で特に多く見られるのはコンクリート製のマスで数十年使われている排水設備で多くみられる現象です。コンクリート桝と排水管のつなぎ目のところが陥没してしまっているなど不具合が生じてトイレが流れてきたものをせき止めてしまう原因となっていることがあります。
生活排水
生活排水とは、トイレ以外の生活で出る排水のことです。例えば、お風呂の残り湯や台所ンの排水口は生活排水に分類されます。生活排水は、不純物を多く含まれているので普通の水のようにスムーズに流れません。それが原因で、排水管の中に不純物が残存して水をせき止めてしまいます。トイレ以外の場所で排水が妨げとなっていることも視野に入れると、トイレが詰まってしまう可能性を低くすることができます。
大量のトイレットペーパー
通常、便器から排水流して良いはずのトイレットペーパーも詰まりの原因となってしまうことがあります。たくさんの量を一度に流した場合に限りますが対処策としては、一度にたくさんのトイレットペーパーを使う方は、ウォシュレットを導入するか数回に分けて流すようにしましょう。
トイレを難解も流すと水道料金が高くなると感じられる方は、トイレットペーパーの量を節約するか可燃物のゴミとして扱うかです。海外の場合には、海外の場合ではトイレットペーパーは可燃ゴミとして扱われていますので便器から再生する事はありません。このことを見習って可燃物として取り扱うことで水道料金が節約することができます。

基本情報


電話相談

神奈川県で水まわりのお困り事がありましたらご遠慮なくご質問ください。できるだけお応え致します。また、電話無料相談も実施中!

川崎市内紹介
川崎市 中原区 宮前区
高津区 川崎区 多摩区 麻生区 幸区

修理依頼からの流れについて

電話総合サポート
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.